注文住宅施工例一覧

シンプルを追及したコンパクトな家

施行例画像(高気密住宅)

お客様のご要望

こんな家にしたい、という家に対する思い入れをお聞かせください。 とにかく今までの家は夏は暑くて冬が寒かったから、なんとしても冬が暖かくて夏は涼しい家にしたかった。間取りも開放的にしたかったし、作業所として使えるスペースも欲しかったんだよね。作業所は野菜の保管や加工のためにけっこう広いスペースが必要だった。炊事場もね。あと収納スペースはできるだけ多くしたかったんだけど、面積的に家の中にはとれなかった。結果的には小屋裏にたっぷりとれたから、それはよかったと思うよ。それから今までの家は畳の部屋ばかりで、長年の間に湿気でぶかぶかしてきたり掃除も大変だったから、今度はもう畳の部屋はいらないって思ってた。全部フローリングにしてもらったけど、これはよかったね。あとは社長さんにお任せしました。大きな要望だけ伝えて、あとはプロにお任せしようと。それが正解だったね(笑)。できてきた図面はほとんどそのまま、この家になりました。

受注のキッカケ

お住まいを建てられたきっかけはどんなことでしたか? 以前の家は昭和48年に建てたんだけど、このところ何年か大きな地震が続いたでしょ?中越地震以降特に地震に対して不安を感じていたし、家も古くなってくるとあちこちに不具合が出てきてね。年々年をとるにつれ、間取りや床の段差などに不便を感じていたし、夏の暑さや冬の寒さも体にこたえるし…。下水道が入ったとき水回りを直さなきゃいけなくなって、リフォームでその都度直すより思い切って建替えようかということになったんだよね。それがきっかけかな?リフォームだってお金がかかるわけだし、根本的には変らないからそんなに満足できるものにはならないだろうし。老後はやっぱり快適な家に住みたいもんね(笑)

施工のポイント

クラフトを選んでいただいた理由をお聞かせください。 建替えを決意してからいろいろな会社の見学会とかも見に行ったね。クラフトさんは何年か前に親戚の星野さんの家を建てたこともあって、名前だけは知っていた。クラフトさんの見学会は、たまたま冬に、すでに住んでいる方のお宅の見学会のチラシを見て、そこを見に行ったのが最初だったかな?そのお宅を見学させてもらって、施主さんの中嶋さんの話を聞けたことがクラフトさんにお願いしようと思った一番の決め手かな?中嶋さんのお宅ほど大きな家は無理だと思ったけれど、とても素晴らしいお宅で、自分達のイメージに合っていたからね。高基礎部分の漬物や野菜を置いてあったスペースは私(奥様)も欲しいなって思ったねぇ。うちもほら、野菜をたくさん作っているから(笑)。その後も何軒も見学会に行かせてもらったねぇ。どれもいい家だった。だから地震に対してとか暖かさとか、家の性能については本当に信頼できた。資金的に余裕もなかったから、見学会のたびに社長さんに悩みを相談したけど、いろいろと相談に乗ってくれたのが励みになったね。どうやったら予算内で建てられるかいろいろアドバイスしてくれて。星野さんが「クラフトさんに任せておけば大丈夫」って言ってくれたのもあるし。まぁ、やっぱり社長さんの人柄だね。

お客様の喜びの声

住み心地はいかがですか?どんなところがお気に入りでしょうか? 本当に最高ですね。正直今年は節電ということもあって、夏は1階ではエアコンを一回も使わなかったけど、涼しかったですよ。2階は息子が使ったりしてたけどね(笑)。風通しも良くて、今年くらいの暑さだったらエアコンは必要ないね。冬は蓄暖(蓄熱暖房器)一台で充分暖かかった。今までは廊下からトイレ、浴室なんかは寒くて部屋から出るのがいやだったけど、この家は本当に暖かい。前の家とぜんぜん違うね。結露もないしね。蓄暖はいいね、灯油を入れる手間もないし、それが本当にありがたい。それとお風呂がとにかく楽。給湯器のボタンひとつ押すだけで、設定温度に湧き上がるから前に比べてず~っと手間が省けてるね。あと作業所に土足で入れるトイレを付けたのは便利でよかった。作業中にそのまま入れるからね。建ててもらってからも見学会に寄らしてもらってるけど、みんないい家だけど、やっぱりうちが一番いいって思います(笑)。

物件スペック

家族構成 大人2人子供1人
地域名 上越市 春日山町
工法 在来木造軸組(木造在来)
竣工年月 平成23年1月