注文住宅施工例一覧

柏崎市 U様邸 「この家あったかくていいね」

施行例画像(高気密住宅)

お客様のご要望

こんな家にしたい、という家に対する思い入れをお聞かせください。   ほとんどのところは息子に任せた。間取りもね。私たちからお願いしたことは、前の家の基礎が低かったから、基礎を高くして階段を2~3段付けてほしいということと、玄関から直接階段が見えるのは嫌だということ。前の家がそうなっていて、人が来ると丸見えになるのが嫌で…。社長さんが最初に書いてくれた図面では西側に玄関があったんだけど、この辺りは西風が強いので、西向きの玄関はだめ。昔から玄関は南向きだね。そこは直してもらった。私たちの部屋の近くにトイレがあるのはうれしかったね。夜中にトイレに行くことを考えるとね。以前の家は家の端から端まで震えながら歩いたよ。冬は寒かった…隙間だらけで。孫たちが泊まりに来る事を考えると、欲を言えばもう一部屋欲しかったんだけど、予算の都合もあるからね。

受注のキッカケ

お住まいを建てられたきっかけはどんなことでしたか? 中越沖地震で半壊になって建てなくちゃならなくなった。前の家は昭和36年の室戸台風で被害にあって37年に建てかえたもの。その後の新潟地震のとき壁にひびが入る被害がありました。中越地震のときはやはり土壁が落ちて、内部の修理だけでしたが200万位かかりましたね。中越沖地震のときは私たちと遊びに来ていた妹とでお茶を飲んでいたら、ドスン!ときた。あわてて外に飛び出しましたよ。その7月16日の夜からコミュニティセンターの避難所に移りました。自衛隊さんが来て、ご飯やおつゆを作ってくれた。若い人が作るから、ご飯が硬くてね(笑)。お願いしておかゆも作ってもらった。避難所での生活は大変なことだったけど、おもしろかったね。なかなかできない体験で。ただ、広い体育館の中に大勢が一緒にいるからプライバシーもなく、ストレスになりました。少しでも囲われていれば違うんだろうけどね。夜中に歩き回る人がいて、怖かった。役所の人が二人ずつ交代で回ってくれたけどね。一ヶ月後には、仮設住宅に移ることができました。この地震のときも前のときのように修繕して住めると思っていたんですよ、はじめは。外見は大丈夫そうだったし。だからここに戻っては落ちた土壁を拾い集めたりしてね。でも息子が来て「もうこの家は建て替えなきゃだめだ」と言ったんです。「え~っ」と、思いました。長年、大事に住んだ家でしたから。補助金では家一軒建てるなんてとても無理ですから、息子にローン組んでもらってね。家を壊す分は市から出ましたけどね。ここで何度も災害に遭いましたが、よそに行くことは考えなかったです。ここがよかった。先祖代々の土地があるし、私たち二人とも生まれたときからいる場所だし、なにより見知った人がいるからね。

施工のポイント

クラフトを選んでいただいた理由をお聞かせください。   仮設住宅に移ってしばらく後、8月の末頃、息子からクラフトさんという所から家を建ててもらうことにしたと、電話がありました。前の家を建ててくれた大工さんはとっくに亡くなってるし、その頃柏崎はどこも震災で大変で職人さんがいなかったから、息子に「任せる」と言ってあったんです。どこかの見学会を見に行って(息子さんはこの年のお盆前に行った見学会に、初めて来場してくださったのです)、クラフトさんの社長さんとも話をして、同年代だしこの人なら信用できると思ったみたいですよ?それから毎月案内状をもらって、よく見学会に行ったようです。私たちは10月に能生の見学会に連れて行ってもらいましたね。被災者には旅館などの施設の一泊宿泊券が配られていて、それを使わせてもらって高田駅前で一泊して、次の日息子たちと車で行きました。帰りは二人で電車に乗ってのんびり帰ってきました。たまには電車もいいです。楽しかったですね。

お客様の喜びの声

住み心地はいかがですか?どんなところがお気に入りでしょうか? たいした設計だなぁと思う。申し分ない。風呂がいい。前の家みたいにしゃがまないで寝そべって入れて気持ちがいい。極楽だね。トイレも広くていいし。どこにいてもあったかいしね。妹がね、遊びに来るたびに「この家あったかくていいね」って言います。風呂上りに肌着一枚で一杯飲むんだけど、ふつうならそうしていられないよね?近所の人とかに話すと「うそだろ?」って言われる(笑)。昔の家は座敷が一番だったから、家族の部屋は北側で小さくてね。自分達の部屋も4畳半くらいで、そこにベッドを1台入れて、主人は布団を引いて寝ていたんだけど、今は広い部屋でそれぞれのベッドで休めます。一番いい部屋ですよ、ありがたいですね。夏も「暑い!」ということはないですね。台所のそこ(北側)の窓を開けておくといい風が通っていくし、よほど暑い日は窓を閉めてエアコンを付けますが、そんなに強くしてません。オール電化も最初は心配してましたが、なれたら便利。蓄熱暖房器は手間が掛からなくていいですね。IHも、はじめ息子に使い方を聞いた時、ひとつの口だけで説明してもらったものだから、その場所しか使えないと勘違いしてしまって(笑)ずいぶん不便なものなんだなぁって思ってたんですよ。なんだかおっくうになり、一時は主人の好きな天ぷらも作らなかったくらい(笑)。他も同様に使えるとわかってからは問題なく使っています。何度か震災で被害に遭ってきたけど、人間生まれてから死ぬときまでいいばっかりもないし、悪いことばっかりでもない。今、こうしてふたりでいい家に住まわせてもらって、元気で暮らせて、こんなにありがたいことはないよね。極楽。

物件スペック

家族構成 大人2人
地域名 柏崎市
工法 在来木造軸組(木造在来)
竣工年月 平成20年6月