家づくりコンセプト

強さは優しさ

こんにちは!建築工房クラフトにご興味を持っていただいてありがとうございます。私の信念は今も昔もずっと変わりません。『建築少年』でいることです!10代の頃からこの業界に入り、ずっとお客様と携わってきました。私の原点はその時の情熱なんです!その情熱を注いでこそ最高の家が出来ると胸を張って言えます。どうぞ家づくりのことだけでなくなんでもご相談ください!

国内最高の性能を標準化した家づくり

建築工房クラフトでは、室内で温度差がなく、冬の暖かさだけではなく夏の涼しさをも実現する、一年中快適な家をつくることをモットーにしています。高気密・高断熱を可能にするウレタン断熱パネル、トリプルガラスの樹脂サッシなどは標準仕様化に成功しました。
室内環境の快適さは家の中の温度差が重要となります。室内の温度差や、部屋出た時の温度差は、ヒートショックなど、健康面だけでなく、家族がストレスを感じずに心地よく快適に暮らせるということにも大きく関わってきます。

 

建築工房クラフトの家の快適さの秘密

最近では、高気密・高断熱の家は一般的なものとなっていて、新築の多くは、冬は暖かい家がほとんどです。
建築工房クラフトの家は、構造に、気密・断熱性の高い構造用パネルを使用しています。この構造用パネルを使用することで、隙間なくつくられた構造が魔法瓶のように室内の外気の変化から守り、快適な温・湿度環境を保つ家を実現します。
また、屋根・壁共に、通気層を設けているので、外気を取り入れ小屋裏や棟換気へ通気させ、湿気を外部へ排出。防水性も高く、腐朽などの原因となる結露から構造体を守ります。


さらには、冬の暖かさを保つためスラブヒーター、ヒートポンプエアコンなどを採用しています。低温のふく射熱と気流を感じさせない自然対流熱で、家全体まるごと自然なやさしい暖かさで体を芯から暖めます。もちろん電気なので、燃焼がなく、二酸化炭素も発生しません。(結露の原因のひとつです。)乾燥が少なく、省エネで、高気密・高断熱と合わせれば、家まるごと自然のぬくもりが広がります。

また、建築工房クラフトの家は、夏の暑さ対策も考えた工法になっています。家の中の快適性に大きな影響を与えるのが外気温です。 とくに夏の太陽熱の影響は大きく、エアコンがなかなか効かない、夜室内に熱がこもってしまい寝付けないなどの問題をおこします。 これは、太陽熱によって屋根や壁の表面温度が上昇し発生するふく射熱による影響ですが、 建築工房クラフトでは、このふく射熱を反射し、室内への侵入を抑える遮熱工法を採用しており、太陽熱を反射させ、屋根や壁に溜め込みやすい熱を大幅に軽減させることができます。

冬の暖かさ対策である断熱・気密プラス夏の暑さ対策の遮熱工法で、建築工房クラフトでは、年中快適な、室内環境をご提供いたします。